植物が土から吸収しているもの

前回では
・肥料成分を地力と呼ぶことにすれば、果たして何が土から出ていくのか?
・その出ていくものが分かれば、理論上土壌の疲弊は生じない

という趣旨のお話をしました。

今回はその土から出ていく成分について、考えてみましょう。

ここでは今までの常識をとりあえず置いて、一つ二つ仮定をしてみましょう。
仮定1:植物は土から炭素(元素記号:C)を何らかの形で吸収している
仮定2:植物が利用できる窒素(元素記号:N)は複数存在する

いいですか?全て仮定の話であって、こうだったらいいな、程度に考えてくださいね。

仮定1について
植物の肥料としてNPK(窒素・リン酸・カリウム)+各種ミネラルというのが農業の常識ですが、ここに炭素Cを加えたとしたらどうですか?

つまり昔の農家が、使える肥料が少ない時代に用いていた山の下草(草刈りカス)や落ち葉、稲わら(全部有機物、つまり炭素で出来ています)実は地力を維持するための重要な肥料であった、という仮定です。

時代は回ります。昔の農法が注目されることもあるでしょう。しかし決して回る軌跡は円ではありません。らせんを描くと思っています。全く同じことはできない。

今この人口減少社会、高齢化社会を考えれば、山の下草を刈って畑に戻す作業はスケールしませんし、そのコストをペイするのはお客様だと考えればやはり炭素を外から持ってくるのは非現実的です(それを人力でやってきた昔の人凄すぎ)

そこでファースト農園では「炭素がないなら生やせばいいじゃない」と考えました。

春もしくは秋に牧草(炭素)を栽培してそのまま畑に戻し、炭素を補給することで地力を維持しよう、ということです。

そして仮定1を前提に仮定2を考えれば、もっと面白くなります。

植物が利用できるのは無機態窒素(炭素がない無機物)であるとされていますが、実はここに炭素を持つ有機物を植物が吸収できたとしたら、もっともっと栽培の幅が広がるのではないでしょうか?

具体的には、窒素源としてアミノ酸(Cを持ったN)を利用できたら、おいしい野菜ができると思いませんか?そして出ていく炭素は牧草の緑肥で補われる…

実はこの話、仮定としてお話してきましたが、全くの荒唐無稽というわけでもありません。実際にアミノ酸液肥や、炭水化物液肥は市販されています

ファースト農園はそういった資材もうまく使って、食味・収量・持続性を兼ね備えた農業を目指しています。

2020/6/13 追記

この回答欄には、以下の通りに書かれています。
「植物の細胞が有機物(ここではビタミン、植物ホルモン、アミノ酸など)を直接吸収することが、予想されていました。」

どうやら炭素は排出するものではなく、積極的に農業利用しなくちゃならないようです・・・

地力って何だろう?

「地力(ちりょく)」とは何でしょうか?土づくりに欠かせないものとして挙げる方は多いと思いますが、その実はっきりと地力とは何かを答えられる方はあまり見かけません。

調べると「その土地が農作物を育てる生産力。」とのこと。すごくざっくりしています。ぶっちゃけてしまうと地力というのは生産者にとって便利な言葉です。

——なんでこんなによくできるんですか?
——いやぁ、この畑には地力があるからね。

——なんでこんなに小さいニンジンしか作れないんだろう?
——う~ん、この畑は地力が低いから、ニンジンを作るポテンシャルがないんだな。

良くも悪くも、地力の「せい」にできてしまう。

もうここで、勝手に定義してしまいましょう。

地力とは、その土地が持つ肥料成分の総量である
ここでいう「持つ」とは、その土地の土壌に吸着している成分もしくは未分解の成分、微生物の体として生きているものをいう。

豊かな土壌とは豊かな生物相を意味しています。豊富な微生物は肥料成分として土に還っていき、植物が利用して、人間が畑にその使った分を戻すことで初めて循環します。取りっぱなしでは地力が失われていき、土地が痩せてしまう。段々と野菜がとれなくなっていきます。

なら畑から出ていく分、植物が利用する成分とはいったい何なのでしょうか?

今まではN・P・K(窒素・リン酸・カリウム)でよかったのですが、実はそれ以外にも、植物が吸収して畑から出ていく成分があるのではないでしょうか?

それに気が付かないと畑から出ていく成分を戻せないですから、結果として地力が落ちてしまいますよね。

次回は、その成分について書いてみたいと思います。

農薬に頼りすぎないこと

主要病害虫の薬剤感受性検定結果

かつて除草剤は、農村において「魔法の薬」と言われたものです。同じように特定の病害虫に効く農薬も、まるで魔法のように思えたでしょう。

しかし、特に低濃度での卓効を示す農薬には、耐性菌・耐性虫のリスクが存在します。生き残った菌株や虫群が増えて、農薬の効きが悪くなってしまいます。

殺菌剤・殺虫剤に頼りすぎず、そもそも病気になりにくい、虫害に侵されにくい栽培を目指すこと。そしてその方法ですら絶対ではないと疑うこと

畑の害虫は種類にもよりますが、だいたい1ヶ月程で世代交代していきます。つまり人間の進化のスピードよりも速く、色々なものを獲得していきます。

特定の農法に囚われてしまえば、虫がいずれ追い抜いていきます。そうではなく、あくまで事実ベースの推論から自分も進化していくこと。

自然のコントロールを目指す訳ではないですが、全体をよく見て考えたいものです。

ファースト農園の理念

・根は野菜の胃袋、土は野菜の腸
植物は根酸と呼ばれる酸を出して、土に含まれる栄養素を溶かして吸収しています。また土壌には1g数百万~数千万個もの微生物が生息しているといわれており、いわば根は「胃酸」を出し、その環境は植物にとっての「腸」です。

人間は腸のバランスが崩れるとたやすく体調を崩し、場合によっては病気になってしまいます。植物も例外ではなく、土壌のバランスが崩れたところに種をまいても発芽せず、発芽したところですぐに病気になって枯れてしまいます。

ファースト農園は特定の農法に縛られません。

「特定の農法」とはつまりは人間のエゴであり、植物には関係のないルールです。例えば昨日まで青々としていた葉が黄色くなったとしましょう。どうしますか?

作り手は理論的、経験的に推論します。それはサイエンスです。しかしその科学的事実が示す対処方法が、その農法に反していたらどうでしょうか。やめますか?

ファースト農園は植物だけを見ます。そしてその先にいる、お客様を見ています。だから植物が元気になるのなら、どんな対処法でも実践しようと思います。

・農薬に対する考え方
ファースト農園は農薬を使用します。

「農薬」とは、「農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」と総称する。)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤(その薬剤を原料又は材料として使用した資材で当該防除に用いられるもののうち政令で定めるものを含む。)及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる植物成長調整剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。」とされ、また農作物等の病害虫を防除するための「天敵」も農薬とみなす。(農薬取締法)

実質的に農作物に使う、殺虫・殺菌目的の全てのものは「農薬」であると読み取ることができると思います。

しばしば、安全性が確認されていない自作の ”農薬” が使用されていることを耳にします。食べ物が原料だから安全といって、農作物に散布していいわけではありません。あくまで判断するのはお客様なので、やはりこれもサイエンスとして考えるべきでしょう。

ファースト農園は農薬として使用した全てのものを防除履歴として野菜に添付します。事前に履歴が見たい方はお気軽にお問い合わせください。

・美味しい野菜をお届けするために
トウモロコシや豆類(枝豆、エンドウ豆など)は品質の低下がとても速く、1時間単位の作業スピードが要求されます。

そこでファースト農園ではトウモロコシと豆類については収穫2時間以内の発送を心掛けています。岡山県からの発送となるので、関東、関西~福岡で翌日、それ以外の地域では翌々日以降となります。品質が多少落ちるかもしれませんが、ご容赦ください。

その他の野菜についても迅速な対応をさせていただきます。

・お客様と同じ野菜を食べます
あくまで噂レベルの話ですが、農家は自分たちの食べ物には消毒をせず、出荷するものにはしっかりと消毒をすると聞いたことがあります。

ファースト農園のお客様は農場主と同じ野菜を食べます。

「キッチンガーデン」という言葉があります。直訳で「台所菜園」です。その日に食べる野菜を、庭から採ってくる。最高のぜいたくだと思いませんか。農場主が美味しいと思った珍しい野菜が、おまけとしてつくかもしれません。